プラチナ ゲストハウス ゆきの小舎


 




4月中旬に入り小舎の周辺にも春がやってきました
大雪を乗り越え疲れ果てた雪国の私たちにとって、この春の空気に触れたときの嬉しさは代えがたいものがあります
もう毎日まいにちの雪かきから解放され、心と体にも春が宿り実に快適です
そして小舎周辺の2メートルほどあった積雪はどんどん融けていき、ほとんどは地面です

しかし快適なシーズンほどアッという間に過ぎ去ってしまうんですよね
去年も、おととしも気が付いたら6月になっていてうらめしく感じてきました
なので、今年こそうららかで幸せな春を充分満喫するぞ・・・と心にとめて明日から~~~
でもまた気が付いたらアッという間に夏になっているんだろな~

春はまるで惚れた彼女のように去っていくものなり

 ゆきの小舎開業・・・1975(昭和50)年8月11日

                       2022年3月16日 
ゆきの小舎
                                   





スポンサーリンク


更新情報・お知らせ

  

↑ PAGE TOP