プラチナ ゲストハウス ゆきの小舎


 

 大雪と格闘しながらの正月が過ぎ去りましたが、依然と大雪は去ってくれません
しかも例年以上の勢いで猛威を奮ってます
毎日毎日 雪かき、雪かき・・・

特に屋根の雪おろし作業は重労働だけではなく危険が伴います
屋根の上では靴がつるつる滑るし命綱を握りながらのため、シャベルで雪を放り投げるときは思うように力が入らず、へとへとに疲れるのです
ロボット産業がなぜ雪かきロボットを開発し世に出してくれないのか不思議です

冬の厳し雪かき作業があるために、毎年迎える春にひときわな感動を味わえるのは大きな楽しみでしたが、私はもう若くはないため雪かき作業からは半分程度解放してくれると大変ありがたいのです・・・神様

     早く こいこい 春いちばん

 ゆきの小舎開業・・・1975(昭和50)年8月11日


                               2022年1月12日
                                   ゆきの小舎





スポンサーリンク


更新情報・お知らせ

  

↑ PAGE TOP