ゆきの小舎の食事


・夕食は玄米ご飯、朝食は分搗き米、副食は旬の野菜と魚料理でお出ししています。

・味噌は自家製、小舎の自然農の畑で育てた安全安心な自家採り大豆で仕込んでいます。
言葉通り手前味噌ですが、本当においしいですよ!

・漬物は季節の野菜や山菜を使った自家製です。

・朝食に添える納豆は自家栽培による大豆から手作りしています。


[ゆきの小舎の自然農の畑]

キュウリ、トマト、ズッキーニ、インゲン、カボチャ、菊芋、エゴマ、ネギ、ニラその他を無農薬で自然栽培しています。
すべての野菜を作ることは出来ませんので、足りない物は市販の野菜と共に使用し、できるだけ安全なものをと心がけています。

[旅の新しい楽しみの一つとしての自炊]
新しい形の宿として「ゲストハウス」というジャンルの宿が、旅を愛する人たちに支持されるようになってきました。

ゲストハウスといっても地域やオーナーの個性に沿ったいろいろなスタイルで展開されています。
多くは食事の提供はなく同宿の方達と食後の時間を楽しみ大事にするという低価格の宿で、食事は外食や持込み、自炊など自由なところが多いようです。

ゆきの小舎としてもそうした良いところを取り入れながらご利用していただければと思うようになり、小舎としてできるスタイルを模索しておりました。

以前からなじみのお客さんの中には、調達してきた食材で同宿の方々と小舎の一角を利用して一緒に楽しそうに料理する様子を見てきました。

気の合ったメンバーや旅先で知り合った仲間数人で手分けしてやるととても楽しいものになります。
見ていると協同作業の中では意外な個性が発露して笑いが絶えませんし、出来上がった料理も
豪華で結構やるもんです
お客さん同士が和気藹々と食事を作り、おすそ分けしあっている様子は本当にのどかで微笑ましい光景です。

中にはお気に入りの包丁や料理の道具を持参し、プロ並みな手さばきで美味しそうな料理に仕込みテーブルに並べ、同宿の方たちにもふるまいながら場を盛り上げてくれます。

今は旅の途中でも道の駅や直販所、スーパー等食品を調達できる場所も随所にありますので好みの食材を持ち寄り調理すれば、みなさんと話も弾み楽しい時間になります。
これはリーズナブルな宿を利用する人々の今後のスタイルになっていくことが感じられました。

そこで館内の一角に下のように簡単な半自炊スペースを用意し、ご自由に利用していただけるようにしました。

  


   

      
 

[自炊をする場合]
☆食材調達
  電車、バスの乗り換え時間などにはご利用便利な
   ・花輪駅前Aコープ    
   ・スーパーいとく花輪駅前店    
   ・スーパーいとく花輪店・国道282号沿い 
           (一番品揃い豊富=弁当、惣菜、刺身、揚げ物、パンetc) 

[半自炊場に用意してあるもの]
ご使用いただく食器や器具、食材を洗ったり切ったりする専用の水場を用意しております。
ガスコンロの場をまだ用意してありませんので完全な自炊場ではなく半自炊と言わせていただいていますが、食堂のテーブルで卓上コンロを御使用いただけます。

まな板、包丁、ボール、水切りザル、基本的な皿、鉢、フライパン、 鍋、温めレンジ、冷蔵庫、
卓上コンロ、流しまわりの備品、簡単な調味料(塩、砂糖、醤油、胡椒、炒め油)

※基本的な調味料・・・こだわりのある方はご持参下さい
※調理、飲食にご使用になった物は各自洗って元の場所へお願いいたします。
 
スポンサーリンク

          
自炊の様子、メニュー例

☆ある年末年始の鍋物
 
12/31・・・何でもありのお好み鍋!

1/1・・・・ ①カレー
        ②ホワイトシチュー
        ③ハヤシ
        ④中華あんかけ風

1/2・・・・小舎初、「すき焼き鍋」! 

☆鍋物を作る 
3人の方は食材を持参され半自炊場で準備した後、食卓で卓上コンロで煮ながらの鍋料理です。
材料は白菜、鶏の骨付き肉、春菊、水菜、きのこでした。
調味料の醤油、塩、日本酒と器具の土鍋、卓上コンロは小舎から貸し出しです。
その他に漬物、和え物など出来合い品をご持参。結構なご馳走に見えましたよ。
(※ お好きな調味料はご持参がいいですね)  

☆器で食べよう!
10月に来られたカエルさん、彼は全国のうなぎの蒲焼の食べ歩きをしています。
それこそピンからキリまで贅沢に食べ歩きなかなかうなぎに関しては厳しい方ですが、その
日は綺麗な塗りの重箱を持参されました。
ご飯と味噌汁のセットはこちらにご注文、お重にご飯を盛り、おもむろにさんまの蒲焼缶詰
を開けてご飯の上に載せました。

オー、見た目なかなか豪華! 美味しそうです。
当然始めから缶詰の味と割り切ってウキウキと準備されていました。
こんな遊び心ってステキ!周囲からも注目を集め、これって意外と楽しめそうで、お薦めです。
ただしお重はちょっといい物目がよさそうですけれど!
重箱、マイ湯のみ、缶詰、漬物をご持参でした。
 

  
 

小舎から玄米ご飯、味噌汁、漬物セット+もう1品おつけして カエルさん夕食の完成  
        
☆持ち寄り 
音楽会などのイベントでは手作りカレーを作って鍋ごと持参の方もおられました。
  
  
遠方の方は漬物など比較的日持ちする物は持参され、あとは旅先で目に付いた物、気に
入った出来合い品を調達され、他にはサラダなどに野菜を刻んで盛り付けされていました。
これらを全て出し合ったら卓上がすんごい品数になり食べ切れないほどのご馳走状態でした。
1人でこの日のことを最初知らずにバイクで来られた方も、皆さんから差し入れをされてお腹
いっぱいになったようでした。
殊に人数が多い時は交換し合い色々な物が食べられて、持ちよりは楽しそうですね。

  
  
  



スポンサーリンク


更新情報・お知らせ

PC、タブレット、スマホ対応のため「レ スポンシブ・ウェブデザイン」仕様にしました関係でデザインも変更させていただきました。NEW
UP
     

↑ PAGE TOP